最近おもしろいサイトを見つけました。

チャーガはガンのみでなくエイズウイルスに対しても有効

「チャーガはガンのみでなくエイズウイルスに対しても有効である。」

「日本工イズ学会」で、その衝撃的事実が発表されたのは1993年のことだった。

そう、あのエイズにチャーガが効くというのだ。

この発表は、大阪府立公衆衛生研究所主任研究員大竹徹氏によるもので、94年には、同研究所による具体的な実験研究結果が・「日本薬学会第41回年会研究会」でも報告された。

それによると、「チャーガの抽出物は、天然物としてはきわめて高い抗HIV作用を示すことが明らかになった」という。

続けて95年には、チャーガのHIV抑制効果について「第6回抗ウイルス科学療法研究会」で報告があった。

その内容は、元道立衛生研究所(現国立感染症研究所、東京都)と北海道名寄市内の農産物加工会社サラダメロンの共同研究「チャーガのHIV抑制効果」に関するものだった。

実験を簡単に紹介すると、試験管にヒトのリンパ球の細胞を入れ、そこにチャーガのエキスを入れたものと入れないものとを用意する。

次にそれぞれの試験管にエイズウイルスを注入し、変化を追って見ていく。

その結果、チャーガエキスを入れない方の試験管では、たった3日でエイズウイルスは巨大細胞を形成し、エイズ感染状態となった。

一方、チャーガエキスを入れた方は、エイズウイルスを入れても変化は起こらず、健全な細胞を保つことができたのである。

チャーガエキスを入れた試験管とそうでない試験管での内部の反応には、明らかな違いが見られたのだった。

国立予防衛生研究所では、チャーガを使ってエイズ感染阻止試験と増殖抑制試験を実施。

そこでもまたチャーガのパワーが実証された。

「ED50」とはエイズウイルスの働きを50%止める濃度のことだが、チャーガの場ムロ、なんと10億分の35gという微量でED50が測定されることがわかったのだ。

こうして、調査研究や学会発表が相次ぐなかで、チャーガとエイズとの関連性がにわかにクローズアップされてきた。

周知の通り、ガンと同様にエイズの決定的な治療法はいまだに確立されていない。

合成新薬は有効だが、効果をあげるためには長期的な投与が必要となる。

これにより、末梢f経障害や急性膵炎といった副作用が新たな問題として生じてきてしまう。

そこで求められるのが、副作用の心配のない治療薬だが、なんとここで名乗りをあげたのは、日本ではまだ無名のきのこチャーガだった。

その後の研究から、チャーガのエイズへの有効性がもっと具体的にわかってきた。

99年11月11日の産経新聞では、第51回北海道公衆衛生学会で発表された内容が掲載された。

北海道立衛生研究所と前述の民間企業サラダメロン佐久間和夫代表の共同研究で、「チャーガにはインフルエンザゥイルス、エイズウイルスの増殖抑制効果がある」ことが認められたというのだ。

この研究実験で、チャーガから抽出した成分は、エイズ、インフルエンザ共にウイルスによる細胞変性を抑制する効果が見られた。

記事によると、実験で使われたのはチャーガを煮て得た抽出物を薬品などで処理した精製物。

これをさまざまな濃度にしてヒトのりンパ球からとった細胞に加え、エイズウイルス1型(HIV1)によって細胞が変性する程度を調べる。

細胞は37でに維持し、6日後に判定する。

その結果、精製物を溶かした溶液では細胞の変性が見られず、エイズウイルスの増殖を抑制できることを突き上めた。

エイズウイルスはりンパ球の細胞に取りつき、酵素を出して細胞の壁を破壊しながら増殖していくという特徴がある。

一度感染したら、周囲の健康な細胞と細胞膜を次々巻き込んで猛威を振るう。

しかし、チャーガ精製物を溶かすと、細胞は攻撃を回避して健全なまま保たれるのだ。

このことは、「チャーガの成分は細胞の壁を強化し、ウイルスの出す酵素を阻害する可能性がある」ことを示している。

さらに、過去3年間に流行したインフルエンザウイルスでも同様の実験を行ったところ、A香港型、Aソ連型、B型に関して効果が認められた。

単なる風邪と違い、インフルエンザウイルスは場合によっては人を死に至らしめる。

それほど強力なウイルスにも、チャーガは有効性をアピールした。

「ではいったい、チャーガのどんな成分が、ウイルスに効果的なのか?」

同学会では、エイズウイルスとインフルエンザウイルスの撃退に関わるチャーガの成分名についてもここで公表している。

「リグニン分画」がその有効成分の名前だ。


癌を抑えるカバノアナタケ(チャーガ)茶・石鹸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。